お問い合わせ フリーダイヤル 0120-825-041 受付時間 9:00 〜 18:00 平日(月〜金)

MRE成分について

MRE成分とは

MRE菌でしか生み出せない、超低分子化物質「MRE成分」

環境汚染のない自然豊かな九州の山中には、様々な土壌菌が存在しています。そこから、好気性の微生物を主体とした土壌菌を採集し、25年間培養して得られたのが共生菌群・MRE菌です。
MRE菌は母細胞融解する際に強力な分解酵素を分泌します。MRE成分とは、MRE菌の分解酵素の力を利用し、生薬等の原材料を発酵分解・超低分子化した物質のことです。

MRE成分の特徴

MRE成分は、約30年の研究・開発を経て誕生した
まったく新しい発酵生成物です。

一般的な酵素製品が野菜・果物・野草等50~60種類の材料を使用するのに対して、MRE成分は希少性の高い12種類の原材料のみを使用。そこへ、独自の微生物MRE菌の力を加えて作り出す、発酵生成飲料です。

体に良いことで知られている一般的な酵素製品と比べると、その違いは歴然です。

研究開発ストーリー

微生物の研究から生まれたMRE菌。

微生物研究は、食や環境、エネルギーなどと密接に関わっており、今後さらなる発展が望まれる注目分野です。私たちも様々な研究を進めるなか、着目したのが九州山地の土壌菌でした。
土壌菌は環境に応じた特徴を持つため、世界各地に無数の種類が存在すると考えられています。環境汚染がなく、活火山がある九州の山中でどのような特徴の菌が存在しているのか興味を持ち、開発者は、九州の地から採取した土壌菌の培養を始めました。
それから25年以上も培養を続け、ある時、特殊な遺伝子を持つ菌体が発生しました。しかも、その菌体がこれまでにない発酵生成物を作り出すことがわかったのです。そこで、開発者は新たな発酵生成物を作り出す共生菌群を「MRE菌」、生み出される物質を「MRE成分」と名付け、さらに研究を進めました。

免疫活性を高める組み合わせを、ついに発見。

様々な検証を行った結果、MRE成分には免疫活性に良い働きがあることがわかりました。しかし、MRE菌がMRE成分を作り出すには原材料が必要です。MRE成分の免疫活性は原材料によって左右するため、最適な組み合わせを求めて仮説・検証を繰り返しました。
そして、チャーガやキャッツクローをはじめとした12種類の原材料が最も免疫を活性させることを発見。自信を持ってお届けできるMRE成分がついに完成しました。
MRE成分は直接細胞に働きかけて免疫を活性させるため、人間のみならず、細胞を持つ動物や農作物にも働きが期待できます。すでにペットや農作物に使用した例もあり、大きな成果が認められています。

自然環境から女性の美容まで、様々な分野でMRE成分の力が発揮されています。

BACK TO TOP